平成27年度〜31年度 科学研究費補助金 基盤研究 (S)

極限時間分解能観測によるオーロラ最高速変動現象の解明

ERG衛星、ロケット実験、高速光学観測とEISCAT等のレーダー観測、そしてシミュレーション研究で、脈動オーロラ(Pulsating Aurora)の謎を探る研究プロジェクトです。

お知らせ/news

  •  / 9月下旬から北欧でスタートする地上光学観測に向けて、地上光学観測システムの感度校正実験を国立極地研究所にて行いました。詳しくはこちらをご覧ください。
  •  / 研究分担者の加藤らによる2件の研究成果がJournal of Geophysical ResearchとPhysics of Plasmasに発表されました。詳しくはこちらこちらをご覧ください。
  •  / 日本地球惑星科学連合2016年大会において本プロジェクトに関連する5件の発表が行われました。詳しくはこちら
  •  / International Space Science Institute (ISSI) at Beijing の研究チームとして採択されている「脈動オーロラに関する国際研究チーム」の第一回ミーティングに参加しました。詳しくはこちらをご覧ください。
  •  / 連携研究者の大山らによる研究成果が Journal of Geophysical Research に発表されました。この論文はJGR のトップページの featured article に選ばれて
    います。詳しくはこちらこちらをご覧ください。
  •  / ソダンキラ観測所にてEMCCDカメラを設置するための光学ドームが開発されました。詳しくはこちらをご覧ください。
  •  / 3月1日から2日間、脈動オーロラ研究集会が開催されました。詳しくはこちらをご覧ください。
  •  / EISCATレーダーを用いた特別実験に関する記事が追加されました。詳しくはこちらをご覧ください。
  •  / オーロラギャラリーに2016年1月にノルウェーのトロムソで撮影されたオーロラ動画が追加されました。この動画はトップページの『今月の一枚』にもなっています。詳しくはこちらをご覧ください。
  •  / EMCCDカメラのシステム開発が始まりました。詳しくはこちらをごらんください。

もっと見る/More  >  

お問合せ/Contact

関係者用ページ

名古屋大学

電気通信大学

東北大学

極地研

JAXA 宇宙航空研究開発機構

科研費